スポンサーサイト

     
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    星を継ぐ者

     
    008.jpg
    ■噂のゼータを草野先生と観てきましたョ。
    画像は次回の第2部のポスターですがw
    ストーリー関しては、すでにアタマに入ってるのでほぼスルー。
    …ちゅうか20年も前のでもよ〜く憶えている自分w

    ポイントを絞って鑑賞。


    新作カットとか新作カットとか…それしかないッ!

    まぁ…ハッキリ言って大画面で耐えられる映像では…ないと。
    20年前の映像を、何故大画面で観なけりゃいけないのか?とそればっかり考えてましたね。
    他の観客もそう思って観てたんじゃないかな。
    みんな30代と思しき人たちが、かつて忘れてきた記憶を取り返すようにほぼ満員でしたし。

    だから非常に勿体ないなと。

    いずれはDVDでリリースされるだろうに、このクオリティではね…
    おもちゃ屋のデモ映像で流れていたCGの方を見て、かなり期待していたのにさ〜。

    ストーリーに関しては、無難にまとめている印象。
    順番をシャッフルしているので、オリジナルを観ていたモノとしてはやや違和感を感じたかな。
    ゼータを知らない世代には、分かりやすいかもしれない。
    しかし、第1話のシナリオは全く変えてもいいんじゃないかとさえ思うけどね〜
    カミーユのMk-Ⅱに乗る動機って“私怨”ですからねw
    ティターンズに対する潜在的な憎しみもあるでしょうが…
    アムロとは全然違う精神構造ですね、今更ながらw

    それから、これはゼータの宿命なんだけど、
    連邦軍内での内乱という設定なので、どうしてもスケールが小さい。
    艦隊戦なんて4、5隻でチマチマやってるから、もう全然カタルシスがないしね。
    映画になってもそれは変わらない。
    それにず〜っと戦ってる印象(映画では)w
    話でのスケール感の広がりはないので、MSのバリエーションで保たせるしかなかったんだなぁと改めて思いました。

    そして第2部ではいよいよフォウが登場。
    サブタイトルが「恋人たち」ですってw
    冨野は(第1部も含めて)SF小説のタイトルから持ってきたみたいです。
    ただ島津冴子じゃないので、どうなるのか見物w

    Comments


    カウンター
    プロフィール

    桃内

    • 著者:桃内
    • 日々の生活を日記として綴っていきたいと思います~(≧▽≦)
      最近はもっぱら模型オンリー☆
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    草野たかゆき関連
    ECナビ
    お得なポイント貯まる!ECナビ
    全ての記事を表示する
    過去ログ

    08
    09
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    10
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。