スポンサーサイト

     
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ベルセルク

     
    ■読了…。
    この巻は次の展開への序章ですか。次巻は秋_| ̄|○

    シールケとの触れ合いを描きつつ、また狂戦士の甲冑の恐ろしさをここでもう一度描写。
    抜かりなし。否応にも次巻への期待は膨らみます。
    相変わらずその描線は素晴らしく、美しい…。

    三浦健太郎の好印象なとこが(PCを使える環境なのに)敢えてアナログなペン&トーンのみで描いてるとこ。

    ここ結構大事ですw

    もうあらゆる漫画家が、手書きじゃ不可能な描写をしてますが…
    私個人的な読者からすれば…「あぁ…PCで描いたのね」という感想しかない。
    プロの絵描きは、やはり常人では描けないモノを自分の手で紙の上に落とし込んでこそ…と思う。

    それが見たいから買う。
    先端技術一辺倒はどうかなと最近の漫画を読んでてそう感じます。
    ストーリーの骨芯が、しっかりしているのが前提なのは言うまでもないですが。

    Comments

    激しく同感ですな
    確かに「デジタル化した方が効率は良い」という風潮ですが、出来るならアナログ、つまり「人の手で直接産み落とす」方が個人的にも好みです。寺田克彦が以前言ってたけど「PCで描けるという事はつまり"PCの限界までしか表現出来ない"という事」この意見に私は非常に共感します。私らの業界でもPC移行は増えてますが、それによって"味が消えた"作家、多いです。
     
    寺田克也のこと?
    そうそう“味”がなくなるんだ。

    デジタルで表現しつつも、アナログな手触りにしようとするのは、そんな理由があるのかもね。
    “PCで出来る限界”は、人間の手にはまだまだ100万倍及ばないということでw
     
    激しく恥ずかしいw
     そうです、「寺田克也」です。(--;)>
    マジレスで名前間違えるとは不覚・・・。
     

    カウンター
    プロフィール

    桃内

    • 著者:桃内
    • 日々の生活を日記として綴っていきたいと思います~(≧▽≦)
      最近はもっぱら模型オンリー☆
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    草野たかゆき関連
    ECナビ
    お得なポイント貯まる!ECナビ
    全ての記事を表示する
    過去ログ

    06
    07
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    08
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。