スポンサーサイト

     
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    響鬼

     
    ■とりあえず第1話観ました。
    監督:石田秀範 脚本:きだつよし 大石真司

    OPが演奏のみで歌詞がない!? いつ始まったのか分からなかったw
    いやぁ〜出だしがミュージカルみたいでwどうなるかと思った。
    もう第1話はこのミュージカルシーンに尽きるね(爆笑)。ある意味伝説の第1話ですョ。
    セリフがやや聞きづらいとこもあったけど、演技自体は安心して観られた。

    …で本編ですが、正直良いのか酷いのかまだ判断は保留。
    それが第1話というものw
    例えて言うなら『アマゾン』かなー。
    少年を軸にライダーを絡めて、やがては少年の成長を促すって感じ?
    ただ今回のライダーは常識を持った大人の男なので、そこがアマゾンとは違うかw
    少年の成長物語(ジュブナイル?)の視点でとりあえず観ていきます。

    …でEDが珍しく存在!懐かしい感じ。
    しかし、布施明はどうだろう(^Д^;)渋いのか!?

    ■ブレイド補足
    これ書き忘れていたけど、私はアレ、ハッピーエンドだと思ってます。
    何故か? 剣崎と始という関係性を重視すれば、あの終わりはサイコーでした。
    始にしてみれば更に“人間に対する優しさ”がより深いものとなり、
    剣崎の立場からすれば、その場の勢いではなく、剣崎の幼少の頃の記憶…

    “両親を助けられなかった自分”

    それが“アンデッド”という存在を越えて、一人の友を助けられる。
    これに尽きると思うんですョ。

    職業で始めたライダー稼業。
    だけど、ラストに近づくにつれて誰に強要されるでなく、本物のヒーローになった。
    “自己犠牲の精神”ですね。
    私のヒーロー像の基本はコレなんです。だからあのラストはサイコーなんです。

    『クウガ』より良かったなと今では感じてますね。

    Comments


    カウンター
    プロフィール

    桃内

    • 著者:桃内
    • 日々の生活を日記として綴っていきたいと思います~(≧▽≦)
      最近はもっぱら模型オンリー☆
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    草野たかゆき関連
    ECナビ
    お得なポイント貯まる!ECナビ
    全ての記事を表示する
    過去ログ

    07
    08
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    09
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。