スポンサーサイト

     
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    影牢2

     
    ■暑い〜……夏やなぁ。
    『影牢2』を早くクリアしないと、次は『零』のリリースがw

    いま4周目。トラップ入手率は78%。
    ダークイリュージョンは6つ出した。結構難しいね。

    コンボはMax32Hit!まで出来ましたが、Arkが低い…
    前シリーズと同じことが出来ないぞ。

    アリシアって“メイドさん”みたいw
    レイチェルのほうが“姫”って感じがするのは気のせい?

    スポンサーサイト

    A long time ago in a galaxy far,far away…

     
    ■“遠い遙か昔、銀河系の彼方…”
    お馴染みのフレーズで始まる“アレ”『スター・ウォーズ』です。

    いやぁ〜面白かった…もう…何も言うことはございません。
    グッジョブ♪ルーカス、そしてありがとう。
    “SWオタク”では全然ないんだが、それでも素晴らしかった。
    『エピソード1』『エピソード2』と劇場には、とんと足を運ぶことはなく
    そして『エピソード3』の公開が迫ってきたので、予習するために『1&2』のビデオを借りましたw

    …これが、まぁ軽い失望というか…ハッキリ言ってつまらないorz
    全部とは言わないけど、何だか煮え切らない感じだったのさ。
    それでも、人物相関図は捉えたほうが良いので、未見の方は観てからの方がベターざんす。

    序盤から戦闘シーンのオンパレード!
    やっぱりスター・ウォーズは、大画面&大音響で観た方が断然\(≧∀≦)
    アナキンとオビ=ワン・ケノービの一騎打ちは、結果が分かってるだけに切なかった…
    今回はセリフで説明しようとしないので、いやでも画面に集中。
    この闘いが原因で“あの華麗な”アナキンのライトセーバーが、
    ダース・ベイダーになるとエラい無骨なモノに変わり果てたかよく分かりました…
    それとずっと疑問に思ってた、霊体(?)が見える理由も氷解w
    クワイ=ガン・ジンの姿が見えたらなぁ〜と終幕に感じましたョ。

    ダークな雰囲気で終わってるはずなのに、不思議と爽快な気分なのは何故?
    28年のサーガの終止符だからだろうか?

    『スター・ウォーズ』観賞後、歳を重ねて観ると、感じ方も違ったモノになるとは思わなかった…

    うん、オススメです…

    ゲームバトン

     
    ■友人である“さぼり殿(乃木崎氏)”からの指名。
    いままで考えたこともなかったから、良い機会だし面白そうなので私もやってみますw

    1) コンピュータに入ってるゲームファイルの容量

    全くないw

    2) 今進行中のテレビゲーム

    3) 最後に買ったテレビゲーム
    2,3はダブるので一つにまとめます。

    『影牢2』『ドラゴンボールZ3』

    前者は長らくPS2で開発される噂を聞きながら、なかなか発表しなかったので、
    リリースされると決定されるや嬉しくて予約までして購入。
    特に変わったとこもなくwただ絵が綺麗になったので、トラップにやられる侵入者がより滑稽にw。
    でもやっぱり楽しい♪ ありがとうテクモ。

    後者は息子にせがまれて買わされた_| ̄|○
    しかし、これがまぁ…よく出来てる。
    ストーリーモードは原作を読んでないとイマイチイメージが湧かないけど、
    それ以外は格闘ゲーとして素晴らしいです。
    原作バッチリの必殺技など、私が子供だったら間違いなく息子と同じように、
    そればっかりがオヤジとの話題みたいになるでしょう。
    弊害は、このゲームのせいでウチの息子は、何度も原作を読み耽り、
    カードバトルまでハマる展開に(´Д`;)

    4) よく遊ぶ、または特別な思い入れのある5作
    ゲーム歴はそれなりにあるとは思うけど、広範囲にはやってないので…。
    私の人生に深く関わったゲームを思い浮かべてみた。

    『ストリートファイター2』(アーケード/SF/PS2)

    やはりこれは決定的でした。足払い波動拳ができた時の感動…
    格闘技の間合いと対戦の駆け引きをこのゲームで学んだ。

    『アーマード・コア』(PS/PS2)

    当時PSでは、ロボットゲーにFPSか2Dのモノしかなくて…
    このゲームがすべてを満たしてくれたことを今でも忘れない。
    CMでマクロスばりに噴煙を出しながら、ミサイルを射出した映像は衝撃だった。
    度重なる仕様変更に泣かされはするが、このゲームへの執着は不変。

    『グランツーリスモ』(PS/PS2)

    市販車を実車に限りなくシミュレートしたゲームって実はありそうでなかった。
    それを開発し、ゲーム化にこぎつけたとこに感銘を受けた。
    このゲームで、より車のことを知りたいと思う切っ掛けになった。
    特に自家用車がない…自分のような立場にとってはネ申のようなゲームです。

    『ボクサーズ・ロード』(PS)

    現在は『はじめの一歩』として展開してますが、リリースされた当時はよくやってたな〜
    パンチのコンビネーションが決まって、ダウンさせた時の興奮…
    それと、減量というストイックなものをゲームに昇華させた画期的なモノでした。
    あのポリゴンメニューがヤケにウマそうでw

    『ネクタリス』(PCエンジン)

    このゲームを草野先生に買わさせて、主に自分がプレイしてしたというw
    ヘックス系シミュレーションゲームって初めてで、後年『大戦略』をやった時、随分複雑なんだなと思ったw
    それぐらい取っつきやすかった。挟み撃ち攻撃が懐かしい…

    5) バトンを渡す5名
    草野先生
    シヴァ殿
    (あと3名は思いつかない)
    それにネット上で発表出来る人を知らないw…ので。
    答えて止めても良いそうですョ。では宜しく〜

    ダークな笑み…再び

     
    『影牢2』やってますw
    うむうむ…これですョ。ワハハハハハ…
    ストーリーモードをサクッとクリアして、目下サバイバルモードに夢中。

    ダークイリュージョンの御陰で簡単に“10CONBO”とか出来るので

    ちょい物足りないかな〜。頑張れば“15CONBO”まで行けそうです。

    不満なのは、相変わらずマップが見辛いとこ。
    仕掛けたトラップが発動して、どんな感じで部屋のトラップに到達するのか…
    ひっ…じょ〜に見辛いことこの上ナシ!ここは改善して欲しいな、テクモ。

    ケータイの『影牢』とは全然違うし、表現もヤバいので息子には見せられない(^Д^;)
    やらせて〜とかせがまれるけど、『ドラゴンボールZ』で誤魔化しw
    カウンター
    プロフィール

    桃内

    • 著者:桃内
    • 日々の生活を日記として綴っていきたいと思います~(≧▽≦)
      最近はもっぱら模型オンリー☆
    カレンダー
    06 | 2005/07 | 09
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    草野たかゆき関連
    ECナビ
    お得なポイント貯まる!ECナビ
    全ての記事を表示する
    過去ログ

    06
    07
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    09
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。