スポンサーサイト

     
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もう終わりか・・・

     
    試合楽しく見ていたW杯も終盤が近い。
    今回は日本のトーナメント出場もあっただけに、倍面白かった。

    開催当初、アフリカ勢と南米勢が残るだろうと予想していたことが、大外れ(笑)
    南米はブラジルもウルグアイもオランダにやられてしまった、残念ながら・・・
    アルゼンチンはドイツに完膚無きまでに叩きのめされたし。

    ウルグアイは、今後の日本が模範とすべきことがたくさんあった好チームだったように思う。
    あのチームも基本守備重視で、攻撃はスアレスとフォルランで組み立ててしまうという。
    あれでベスト8まで行けることが分かっただけでも、収穫じゃないだろうか?
    ただ、超FWが出現するまで待たなければならないけどね( ̄▽ ̄;

    日本は残念だったけど、パラグアイには勝てたなぁというのが正直な感想。
    スタメンの疲労があったなら別の手を下すべきだったのに、それが出来なかったのは監督が原因でしょう。
    ホントに勿体無いです・・・ベスト8に行ける最高の時だった。

    巷では感動したとか言ってますけど、千載一遇のチャンスをフイにしたことに誰も追求しないとは・・・
    つくづく平和な優しい国ですよ、日本は(笑)
    スポンサーサイト

    はぁ~

     
    さかのカメルーン戦に勝利し、第3戦まで楽しめているという現実。
    いままでにない感覚を味わっているW杯ですw

    しかし、こうして見ると親善試合結果からの岡ちゃんの舵取りは非常に現実的。
    右サイドはもうガラッと変わった。
    内田はコンディションの不調もあるが、駒野にコンバート。
    俊輔は松井に。
    システムは4-6-0という大改造。
    果たしてこの博打が当たった。

    まず守備が安定した。
    いまのサッカーはサイドが起点になるので、右に松井、左に大久保とサイドを高めに配置した。
    センターにはFWがいないので、本田のキープ力に頼る布陣。
    大久保や松井が追い回す間に遠藤&長谷部が囲み、それでも溢れたところは阿部ちゃんがフォロー。
    確かにこれなら日本のいまの駒では、ベストの布陣かもしれない。

    見限られたのは俊輔、岡崎の二人。
    オランダ戦でその能力は、岡ちゃんにはどう映ったのだろうか?
    だが、図らずもその姿は万人の眼にされされた結果になった。
    オランダ戦での後半40分。
    相変わらずルックアップして探している間にボールを失い、川島の飛び出しが無ければあわや追加点だった。
    つまり、カウンターの起点になっていた。
    しかも獲られた後も追走せず、のろのろジョグ。

    試合勘のズレもあるだろうが、絶対やられてはいけない行為だった。
    もし追加点が入っていたら戦犯にされていただろう・・・

    そして岡崎。
    闘莉王からの浮き球パスは完全にDFの裏を獲ったにも関わらず、決められない。
    アレは決定機。
    確かに難しい判断を迫られただろうが、あの1チャンスを決めきれないのが今の日本のFWなんだろう。
    これは玉田も同じ。玉田は消えていたよ。

    これで岡ちゃんはデンマーク戦にはこの3人は起用しないだろう。
    次の布陣が楽しみです。
    岡ちゃんの勝負師としての本領を再確認。
    まるでマリノスを見ているようwグループリーグは勝てばいいんです。
    期待しましょう。

    いよいよ!

     
    ールドカップが始まる。
    2006年のドイツから、なんだかあっという間の感覚。

    自分はあの予選を期待して見ていた・・・
    オーストラリアに屈辱の逆転負けを喫した後でさえ。
    思えば貴之が亡くなってから、まだ1年経っていなかったことも影響していたかもしれない。
    ジーコに散々気を揉まされても、どこか期待していた。

    「勝ってこの気分を吹き飛ばしてくれ」と・・・

    結果は1分け2敗。
    今回も監督に気を揉まされてはいるが、本戦が始まれば別。
    頑張って1勝・・・いや贅沢は言わない。次に繋がるサッカーを見せて欲しい。
    3敗の可能性は大だが、自国を応援しなくてどうする?
    世間はあまり盛り上がっていないようだが、これはオシムでも変わらなかっただろう。
    2002年が異常だったんだよ。

    岡ちゃんがより現実的な作戦である「守備的サッカー」に徹する覚悟を感じた。
    日本には「攻撃的」にしたくてもそんな選手がいないんだ。
    その試行錯誤を見続けてきた親善試合。
    本戦前に気づいてくれて、スタンスがハッキリした。
    これでいい。
    懸念は選手のモチベーションだけ。

    だから、そう嫌な気分にはなっていない。
    相変わらず、仕事場での観戦になるが、楽しみに開幕を待っています。

    運命の5月10日

     
    こで23人を予想してみる。

    GK:楢崎 川島 西川
    DF:中澤 闘莉王 内田 長友 槙野 徳永 駒野 今野
    MF:中村(俊) 遠藤 長谷部 稲本 石川 松井 中村(憲) 本田
    FW:岡崎 玉田 森本 平山

    ・・・かな。
    ここにきて玉田が怪我したらしいので、回復次第では玉田ではなく興梠か佐藤あるいは矢野。
    貴重なレフティFWが抜けるのは痛いとこです・・・

    MFは長谷部と遠藤はまず外れない!
    岡ちゃん日本の核だから。代えが利かない。怪我で離脱したら本戦は絶望。
    微妙なのは、石川と憲剛ですか。
    ここに柏木とか金崎、香川が選ばれたらサプライズ。
    小野が選ばれたらホントのサプライズだな。

    しかしCBの替えが利かないのが、後々響いてきそうなメンバー構成ですね~
    それに4年前の・・・

    ジーコ「巻」
    記者「おぉ~」

    が無さそうw
    サプライズは恐らくないんじゃないかな。
    ・・・となるとリザルトも・・・それなりな感じ?

    W杯抽選会

     
    よいよ5日午前2時ころから2010年W杯の抽選会が始まる。
    楽しみだなぁ~
    -----------------------------------------
    1:シードされた8か国は1つのポットに入って同じグループで対戦しないように考慮される。
      開催国の南アフリカはシードされる。

    2:グループ内に同じ地域の国は同居しないように考慮される。
      ただし、ヨーロッパのみ同じグループに2か国入れる。
    -----------------------------------------
    ホスト国は前回優勝国と同グループに入らないとか、組み合わせに使用されるボールには温度差があって
    意図的に選ばれているとか・・・いろいろ噂もありますがw
    まぁそれでも、サッカーの神のお導きか必ずドラマは生まれるんですよね。

    とりあえず私のシード国予想は・・・

    ポットA・・・
    南アフリカ(ホスト国)、ブラジル(FIFA2位)、ドイツ(2002年準優勝、2006年3位)、スペイン(FIFA1位)、
    イタリア(2006年優勝)、イングランド(2006年ベスト8)、アルゼンチン(2006年ベスト8)、フランス(2006年準優勝)

    ここにオランダ(2006年ベスト4)が入るのか迷うが、こうかなと。
    オランダのワンフーなので、入れたいのはヤマヤマですが(笑)
    こう予想はするけど、いろいろ政治力が絡んだりして、シード国の決定は謎・・・

    死の組に日本が入らないことを祈ります( ´-`)†
    決勝に行ける希望を持たせるような組み合わせになるといいですな。

    親善試合×オランダ、×ガーナ

     
    ランダ戦には(´・ω・`)ガッカリ・・・というかまぁ、至極当然という結果。
    そんな簡単には勝たせてくれないよ。
    だってファン・ペルシ(アーセナル)でしょ、スナイデル(インテル)、デ・ヨング(マンチェスター・シティ)、
    カイト(リバプール)、ロッベン(バイエルン)だもん。
    しかもベンチには、フンテラール(ミラン)やファン・デル・ファールト(レアル・マドリー)と(笑)
    なんと豪華な・・・

    前半は期待以上の出来。
    プレスとセカンドボールを拾えていたことが、もしかしてと思わせた。
    しかし、日本はプレスのし過ぎでガス欠・・・

    岡ちゃんは、敢えて交代カードを本番同様に2枚のみ。
    オランダは5枚くらい切りましたが。
    しかもそのうちの1枚はGKという・・・舐めやがって。

    ハイプレスのせいで日本は自滅。
    課題はスタミナと決定機を逃さないシュート力。
    でも、90分もこんなプレスを続ける事は不可能でしょ?
    オシムだったらどうしただろう?
    見たかった・・・

    方、ガーナ戦は先行されながらも逆転勝ち。
    システムも4-2-3-1から4-4-2へ
    俊輔の交代から逆転劇が始まったのはなんとも(苦笑)
    ガーナも交代してから、途端にパフォーマンスが落ちたから一概には言えない。
    収穫は稲本が良かった・・・
    久々に見たよ、ゴールシーン。
    本田のブレ玉FKも見たかったけど、チャンスはなく。
    ガーナ戦の課題はディフェンスでした。
    中澤、闘莉王だけじゃ、無理。
    CBのバックアップを早急にしないと。

    コンフェデ スペイン×アメリカ

     
    の時期のアフリカって寒いんだ!?
    吐く息が白い・・・! 気温5度!?
    来年のワールドカップは涼しいじゃなくて、むしろ寒いと。
    勝手にアフリカって熱いとこだと思い込んでたw

    いやいや、しかしこの準決勝は見応えありました。
    アメリカのプレイは無骨で、泥臭く全く美しい闘いではなかったです。はっきり言って。
    でもスペインのリズムを悉く寸断。
    この細かいプレイの積み重ねが、スペインの焦りを生み出し、プレイの精度を削ぎ落とす。

    リザルトはまさかの0–2でアメリカ勝利。
    岡ちゃんは見てたか?
    「世界を驚かす」ってこういう事ですよ(笑)
    アメリカには善いもの見せていただきました <(_ _)>

    misawa.jpg
    プロの三沢追悼本が異例の増刷らしい。
    俺も買ったぞ。
    みんなプロレスが好きだったんじゃないか。
    ちょっと嬉しいニュースでしたね・・・
    不世出のレスラーでした。ホントに残念 (´・ω・`)
    カウンター
    プロフィール

    桃内

    • 著者:桃内
    • 日々の生活を日記として綴っていきたいと思います~(≧▽≦)
      最近はもっぱら模型オンリー☆
    カレンダー
    11 | 2017/03 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    草野たかゆき関連
    ECナビ
    お得なポイント貯まる!ECナビ
    全ての記事を表示する
    過去ログ

    11
    03
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    12
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。